「ゆきな(ちぢみゆきな)」レシピ

 「「ゆきな」は寒さが厳しくなると耐寒のために葉を縮めて糖分を蓄えます。葉が縮んだゆきなを「ちぢみゆきな」と呼びます。

 「ちぢみゆきな」は甘味が増すことで、ほろ苦味と程よく調和し、ゆきな独特の風味が出ます。

◆保存方法
:冷蔵庫で保管しましょう。鮮度を保つためには乾燥しないよう注意してください。

◆食べ方
:おひたしや炒め物、みそ汁、煮物などに最適です。

ゆきなレシピ一覧

ちぢみゆきなのごま和え

ちぢみゆきなのごま和え
【材料/4人分】
ちぢみゆきな ・・・ 1束
・・・ 少々
白すりごま ・・・ 大さじ1
     
(A)
 しょうゆ ・・・ 大さじ1
 砂糖 ・・・ 大さじ1.5
このレシピを印刷する

【作り方】

  1. ボウルにAの調味料と白すりごまを合わせておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れてちぢみゆきなを茹でる。水にさらして冷やし、水気を堅く絞ったら、3㎝程度に切る。
  3. 切ったちぢみゆきなを①の合わせ調味料に入れて、和えながら味をなじませる。

ゆきなの煮びたし

ゆきなの煮びたし
【材料/2~3人分】
ゆきな ・・・ 1束
にんじん ・・・ 小1本
油麩 ・・・ 25㎝1本
ごま油 ・・・ 適量
みりん ・・・ 大さじ1/2
糸こんにゃく ・・・ 1袋
     
(A)
 砂糖 ・・・ 大さじ2
 酒 ・・・ 大さじ1
 しょうゆ ・・・ 大さじ1
 顆粒だし ・・・ 小さじ1
このレシピを印刷する

【作り方】

  1. ゆきなとにんじんを同じ長さに切り揃え、ゆきなは葉と茎に分けておく。油麩は輪切りにし、ぬるま湯にひたしもどしたら水気を切っておく。糸こんにゃくは水を切り適当な長さに切っておく。
  2. フライパンで糸こんにゃくが白くなるまで乾煎りし、ごま油を入れ、にんじんを炒める。火が通ったらゆきなの茎を入れ、油がなじんだら、(A)の調味料を入れ、蒸し煮する。
  3. 野菜がしんなりしてきたら、油麩とゆきなの葉を入れ。ひと煮立ちさせ、油麩とゆきなの葉に火が通ったら出来上がり。

ゆきなのナムル

ゆきなのナムル
【材料/4人分】
ゆきな ・・・ 1束
 
(A)
 塩 ・・・ 小さじ1/2
 こしょう ・・・ 少々
 ごま油 ・・・ 大さじ1
 白いりごま ・・・ 適量
このレシピを印刷する

【作り方】

  1. ゆきなの株元はしっかり水洗いし、たっぷりの熱湯でサッと茹で、冷水で冷ましたら、しっかり水気を絞り、3㎝程度に切っておく。
  2. ボウルに(A)の調味料を入れ、混ぜ合わせ、ゆきなを加えて和える。

ちぢみゆきなのチヂミ

ちぢみゆきなのチヂミ
【材料/2~3枚分】
ちぢみゆきな ・・・ 1袋
小麦粉 ・・・ 大さじ9
片栗粉 ・・・ 大さじ5
・・・ 小さじ1
・・・ 150cc
ごま油 ・・・ 大さじ4
 
【タレ】
 ポン酢 ・・・ 適量
 ごま油 ・・・ 適量
このレシピを印刷する

【作り方】

  1. ちぢみゆきなは半量を生のまま2cmに切る。
  2. 残りの半量は茹でて、ミキサーにかけペーストにする。
  3. ボウルに水を入れ、小麦粉・片栗粉・塩・ごま油・ちぢみゆきなのペーストを入れてよく混ぜ合わせ、最後に生のちぢみゆきなを加えて混ぜる。
  4. フライパンにごま油適量をひき、両面をしっかり焼く。
  5. ポン酢・ごま油を合わせたタレでお召し上がりください。

ちぢみゆきなと油揚げのわさび風味

ちぢみゆきなと油揚げのわさび風味
【材料/4人分】
ちぢみゆきな ・・・ 1袋
ちりめんじゃこ ・・・ 20g
油揚げ ・・・ 小2枚
 
【タレ】
 しょうゆ ・・・ 大さじ1
 酢 ・・・ 小さじ2
 砂糖 ・・・ 少々
 サラダ油 ・・・ 大さじ1
 わさび ・・・ 小さじ1/2
このレシピを印刷する

【作り方】

  1. ちぢみゆきなは塩を加えた熱湯にサッとくぐし、氷水にとり、水気を絞って、3~4cmの長さに切る。
  2. 油揚げはフライパンで焼いて焦げ目をつけ、縦2等分してから、7~8cm幅に切る。じゃこはごま油で炒めておく。
  3. ボウルに(1)、(2)を入れて混ぜ、器に盛り付ける。タレを食べる直前にかけてお召し上がりください。
ピックアップ
  • 緊急時のご連絡先
  • 各種JAローン インターネット申込 詳細はこちら
  • ウィンターキャンペーン
  • 復興応援住宅ローン
  • 口座開設・JAネットバンク・住所変更のお手続きはこちら
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • 広報誌なとりいわぬま
  • 営農情報
  • 農産物検査産地品種銘柄一覧
関連サイト
  • 日本農業新聞 e農net
  • みんなのよい食プロジェクト
ページトップへ戻る