JA名取岩沼だより

2020.12.04

窓口にアクリル板を設置しました


アクリル板を設置

 JA共済の地域活性化活動促進助成を活用し、全支店窓口等にアクリル板を設置しました。
 これまでビニールカーテンを設置していましたが、より職員とお客様の顔が見えやすくなりました。
 JAではお客様が安心してご利用いただけるよう、今後も感染予防対策を徹底していきます。

年金無料相談会を開きました


説明に耳を傾ける役員

 11月30日、JA役員を対象にコンプライアンス研修会を開き、理事・監事ら27人が参加しました。
 JA宮城中央会経営支援部の柳田秀彦部長が不祥事の事例や利益相反などについて講話。改めてコンプライアンスへの意識を強化しました。

水田農業対策 市へ要請


名取市山田司郎市長(左)に
要請書を手渡す根深組合長

 JAは11月中旬、米価維持と稲作経営安定のため、名取市と岩沼市を訪問し、水田農業対策に関する要請を行いました。
 根深雅美組合長などが両市長、市議会議長へ要請書を手渡し、需要に応じた米の生産に、行政や関係機関一体となって取り組んでいくよう求めました。

冬の野菜「雪菜」出荷開始


雪菜の品質を確認する生産者ら

 11月上旬、管内で雪菜の出荷が始まりました。
 主産地である愛島地区と高舘地区のゆき菜部会では、25日に出荷査定会を実施。より良い品質のものを出荷するため、規格を確認し合いました。
 寒さが厳しくなると甘みが増す「ちぢみ雪菜」として出荷されます。

令和2年産米検査に向けて集荷大会


宣誓する郡山検査員

 JAは9月8日、2020年産米の買入検査に向けて、米集荷大会を本店で開きました。役職員32名が出席。今年度は農産物検査員17人体制で、管内10カ所の均質化施設や農業倉庫で検査します。
 検査員を代表し、新たに資格を取得した郡山芳行検査員が、公正かつ誠実に農産物検査を行うことを宣誓しました。
 買入検査は18日から始まる予定です。

年金無料相談会を開きました


相談に応じる金山さん

 JAは8月29、30日の両日に、年金無料相談会を開きました。
 29日に美田園支店、30日に千貫支店で開き、2日間で18人が来店。年金の制度や受給手続きについての相談に対し、社会保険労務士の金山圭子さんが丁寧に説明しました。
 JAでは組合員・利用者の皆さまに安心して年金を受給してもらうため、毎年同相談会を開いています。

仙台せり出荷スタート!


出荷作業をする生産者

 上余田芹出荷組合と下余田芹出荷組合で、特産「仙台せり」の共販出荷が8月26日からスタートしました。
 心配された長雨や猛暑の影響もほぼなく、品質は良好です。
 今年は新型コロナウイルスの影響が懸念されるため、JAでは各市場と情報を共有し、価格維持に努めるよう申し合わせています。
 出荷は来年4月まで切れ目がないよう続きます。

環境保全米の現地確認をしました


旗を確認するJA職員

 8月中旬、環境保全米(特別栽培米)の現地確認調査を行いました。
 栽培開始時に登録しているほ場データと照らし合わせ、旗が設置してあるかどうか、管理状況などを確認します。

農業用廃プラを回収しました


持ち込まれた育苗箱

 JAは8月1日に名取地区、6日に岩沼地区を対象に農業用廃プラスチック(廃プラ)の回収作業をしました。
 組合員の皆さんが、洗浄した農薬プラボトルやマルチなどを管内7カ所の荷受け場所に搬入しました。
 回収した廃プラは、廃棄物処理業者へ引渡し、適正に処理されます。
 JAでは毎年同時期に回収作業をし、廃プラの不法投棄や環境汚染防止に努めています。

JA米の栽培基準を確認


記帳内容を細かくチェック

 JAは7月31日から8月7日にかけて、JA米栽培履歴記録簿確認会を開きました。
 管内8地区18会場で、営農部職員がJA米生産者を1人ひとり受付けし、事前に記帳した記録簿を確認しました。
 JAでは安全・安心なJA米生産のため、出荷前の履歴簿確認・提出を呼び掛けています。

相続・資産相談セミナーを開催


説明する佐藤税理士

 7月20日、相続や贈与に関する相談業務を強化するため、相続・資産相談セミナーを本店で開きました。
 金融・共済担当の職員36人が出席。日本みらい税理士法人の佐藤智春税理士を講師に迎え、相続の基本知識や、資産贈与の注意点などを学びました。

だて正夢栽培講習会を開きました


葉の色について説明する齋藤次長

 7月9日、本店で令和2年産「だて正夢」の栽培講習会を開きました。
 生産者11名が参加。亘理農業改良普及センターの齋藤隆技術次長を講師に招き、令和1年産米の作柄と、今後の栽培管理の注意事項について講義を受けました。
 令和2年年度は管内の生産者20名が約28㌶でだて正夢を栽培しています。

杉南トマト出荷規格を確認


トマトの規格を確認する生産者ら

 下増田地区の杉南野菜出荷組合は7月3日、トマト・ミニトマトの出荷査定会を美田園支店で開きました。生産者16名が参加し、着色度合いや箱詰方法などの出荷規格を確認しました。
 今後8月下旬まで最盛期が続き、10月下旬まで出荷が続く見込みです。

高舘加工用タマネギ出荷開始


鉄コンテナへタマネギを移し替える職員

 7月1日から、高舘地区で加工用タマネギの出荷が始まっています。
 生産者による持ち込みと、JA職員の庭先集荷により、高舘二丁町倉庫へ連日タマネギを搬入しています。
 大玉が続いた昨年に比べ玉は小さめですが、きれいな球形で品質は非常に良い傾向です。
 出荷は8月上旬まで続く見込みです。

第18回通常総代会


最小規模で開催

 JAは6月25日、第18回通常総代会を開きました。新型コロナ感染防止のため規模を縮小。2020年度事業計画など全11議案を承認し、食料・農業・地域政策の推進に向けた特別決議を採択しました。
 総代会後の理事会で新組合長に根深雅美氏を選任しました。
 組合長以外の新常勤役員は、次の通りです。
▽専務=板橋廣志(新)▽常務=相澤秀裕(再)▽常務=菊地明彦(新)▽常勤監事=齋藤洋二(再)

令和2年産大麦初検査


大麦を格付けする検査員

 JAは6月17日、美田園支店で令和2年産大麦の初検査をしました。
 JAの農産物検査員が空洞粒などの被害粒の有無や形質を確認し、普通小粒大麦「シュンライ」115トンを検査・格付けしました。
 昨年の台風19号によるは種の遅れや、雨不足による品質低下が心配されましたが、5月後半から続いた晴天で順調に生育し、収量も昨年と比べ良好です。

子ども達へサツマイモ苗提供


園児にサツマイモの植え方を説明するJA職員

 JAでは食農教育の一環で、毎年管内の小学校や幼稚園などに、サツマイモの苗を無償提供しています。今年は21カ所に約2000本の苗を届けました。
 名取市の名取が丘保育所では、5月29日に園児約40名が園内の畑に苗を定植。JA職員が苗の向きや土のかけ方などを丁寧に説明しました。

特産ミョウガタケ出荷スタート


出荷されたミョウガタケを確認する大内組合長

 増田地区の下余田みょうが組合で、特産ミョウガタケの出荷が5月24日からスタートしました。
 収穫までに1年半もの時間と手間がかかることから年々生産者は減少。今年は4名の生産者が栽培しています。
 同出荷組合の大内伸一組合長は「伝統野菜を絶やさないよう一丸となって出荷していきたい」と意気込みます。

愛島・高舘地区でネギ出荷


ネギの規格を確認する生産者

 愛島ねぎ部会と高舘ねぎ部会は、5月下旬からネギの共販出荷をスタートしました。
 29日には二丁町倉庫で査定会を開きました。両地区の生産者9名が参加し、出荷規格や箱詰めの方法などについて確認しました。

営農担当者が育苗ハウスを巡回


生産者(右)に指導する職員

 JAは4月中旬から、水稲苗の成育を確認するため、育苗巡回を実施しました。
 営農部の職員が管内8地区の生産者の育苗ハウスを巡回し、ハウス内の温度や苗の生育を確認。高温障害やカビを防ぐため、特に温度管理と、天候に応じた灌水を行うよう呼び掛けました。

子ども達へ農業の教材贈呈


瀧澤教育長(左)に教材を手渡す佐藤組合長(右)

 JAは、子ども達に農業や食について理解を深めてもらおうと、管内13の小学校に、食農教育補助教材「農業とわたしたちのくらし」を約1200部贈りました。
 4月17日にはJAの佐藤富志雄組合長が名取市教育委員会を訪れ、瀧澤信雄教育長に教材を手渡しました。
 贈呈はJAバンクグループが実践している「JAバンク食農教育応援事業」の一環で、今年で12年目の取組み。小学校5年生の授業で活用してもらう予定です。

玉浦支店をパンジーで彩る


パンジーを植える女性部員

 JA玉浦支店女性部は4月4日、来店客に花を見てもらい楽しんでもらおうと、同支店の花壇やプランターにパンジーの花の苗約800株を定植しました。
 部員と職員6名が参加し、色どりを考えながら3色のパンジーを手際よく定植しました。

⇒2019年度のJA名取岩沼だよりはこちら
⇒2018年度のJA名取岩沼だよりはこちら
⇒2017年度のJA名取岩沼だよりはこちら
⇒2016年度のJA名取岩沼だよりはこちら
⇒2015年度のJA名取岩沼だよりはこちら

ピックアップ
  • 緊急時のご連絡先
  • instagramはじめました
  • JAタウン
  • 各種JAローン インターネット申込 詳細はこちら
  • JAカードのご入会とご利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント!
  • JAバンク新規ご利用特典JAカードポイント500円相当をプレゼント!
  • JAネットバンク
  • 口座開設・JAネットバンク・住所変更のお手続きはこちら
  • 年金口座はJAバンクがお得!
  • JA旬みっけ
  • 広報誌なとりいわぬま
  • 営農情報
  • 農産物検査産地品種銘柄一覧
関連サイト
  • 日本農業新聞 e農net
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 日本農業経営大学校
ページトップへ戻る